東京に赴任してきた外国人SEが見た東京都心の高級賃貸暮らしとは?

外国人の3大関心事

交通・生活に便利な高級賃貸の設備、住環境について

都心の超高級エリアに乱立する高級賃貸マンション群

高級賃貸とは、主に都心部にあるマンションで一般的な賃貸料よりも30%から数倍になるほどの高い物件の事です。
高い賃貸料金はマンション設備などの充実とともにその立地している環境が特殊です。
オフィスビル等が多いビジネス街、都市型の大型小売店などの娯楽施設の多い商業施設の近隣に位置してることが多く、どれも超高級エリア。
都心部の山手線や環状線の内側やほど近い場所にあることが特徴です。

マンション施設も室内設備も最高級

備える施設としては、共有部で単機から複数機のエレベーター、図書室、レクリエーション施設、展望台、24時間対応のエントランスサービスなどがあります。
室内設備としては、宅配ボックス、床暖房、バストイレ別、ウォークインクローゼット、バルコニーなどの他に、インターネットや通信施設として光ケーブル、BS・CS・ケーブルテレビなどが最初から備わっており、独立洗面台、キッチンのオートロックシステム、2重ドアロック、TVモニタ付きのインターホンなどの防犯施設の充実等に加え、その室内は独身向けの1Kやワンルームタイプのものから、家族世帯向けの2LDK物件なども存在するのです。

ペット可、演奏可など入居者の我が儘に応えます

この高級賃貸マンションの中にはペットを飼育することが認められていたり、楽器の演奏などが可能なように防音性能を高めている施設などもあります。
外見は都心部に近く周辺が商業施設やオフィスビルが多ければ高層マンションとなり、周辺が住宅街であり低層建築が多い場合は低層のマンションとなることが多くなっています。
この賃貸の最も大きなメリットとしてマンションを出て数分歩けば鉄道や地下鉄などの公共交通機関を利用できたり、近くのコンビニエンスストアを利用することができる点にあり、中には1階や共有スペースに小売店が備わっていることもあります。
交通の便や共有、室内装備が優れた高級賃貸は地域や施設によっては月々15万円から125万円の賃料となっていますが、それに伴った住み心地と生活を期待することができます。
東京の高級賃貸マンションを見つけるサイト → 賃貸なら東京プロメティア

通信制高校について

通信制高校と聞くと、頭が良くなかったり、性格が悪かったり、対人関係で上手く行かなくて学校を辞めてしまったひとなどか行くような学校。という認識が根強いと思っています。確かに、そういう人もたくさんいると思います。というか、いるでしょう。しかし、そうなってしまった人は、その人のなかで精一杯頑張っているのだとも思っています。その人たちの事も考えてみましょう。

彼らも、もともとは普通の通信制ではない高校に通っていたひともいるのです。しかし、そこでの人間関係に失敗してしまったり、成績が思うように上がらなかったり、いじめにあって不登校になってしまったような人もたくさんいるわけです。そんな人たちをかわいそうな目で見るのは良くありません。通信制高校ときくとやはり、どうしても下に見てしまいますが、ここに通っている人たちはむしろ、普通に生活している人たちよりも努力しているのです。

最新の生活レポート