現行の東京地域の看護師求人について

近年看護師を取り巻く状況は以前とは全く異なっています。

以前では、看護師は、勤務時間が長く、残業も当たり前であるといえました。
また、一人あたりに振り分けられる仕事の量が非常に多く、またその仕事内容も患者の入院生活のケアを中心に実質的に病院における医療事務と治療行為以外のすべての業務を担当しており、看護師に対する負担は非常に重いものでした。

昔は難しかった看護師の転職事情

もっとも、その病院を辞職しても他の病院へ転職する方法は医師からの紹介ぐらいしかなく、公募による看護師の求人はほとんどな有りませんでした。
そのため、医師に気に入られなければ再就職は非常に難しいというのが現状であり、待遇改善などの要求も病院に対して行うことができず、その待遇面でも優遇されているとはいえませんでした。
しかし、インターネットによる就職公募が行われるようになった点、および、看護師をターゲットにした転職サイトが設立されたことによってこのような状況は一変しました。

インターネットの転職サイトの隆盛で看護師の転職が容易になりました。

具体的には、看護師求人広場のような転職サイトが設立され、そこに看護師求人を求める病院が増加したことにより、看護師は一旦その病院に就職した場合には、その病院から簡単に転職することができず、条件の悪い待遇にも甘受する必要がなくなり、このような場合には転職することができるようになりました。
そのため、看護師に対する待遇を悪い状態で放置していた病院の場合には、病院を経営するために必要不可欠な看護師が流出することになってしまうことから、これに対する対策として看護師の待遇改善を行わざるを得なくなりました。
そのため、現在では看護師に対する待遇は非常に改善され、看護師の主張や要求も病院に対して受け入れられるようになりました。