私の国でも愛されているゴマの栄養分セサミンについて説明します。

セサミンによるコレステロール値の低下


セサミンはゴマに含まれる成分で、抗酸化作用やコレステロール値低下などの効果があります。
コレステロール値が高くなると、動脈硬化の原因となり、最悪の場合命を落とすことにもなりかねません。
それは、コレステロール値が高くなると、血液中がどろどろになってしまい、脳や心臓などにある太い動脈の内側に、コレステロールを取り込んだアテロームという泡沫細胞のかたまりが付着してします。
それにより、血管の内側にどんどんと付着物がたまり、血管がかたく、もろくなってしまいます。
また、付着物のかたまりにより血管の内側が盛り上がって、血液の流れをせき止めてしまい、その部分に負荷がかかりやすくなってしまいます。
セサミンによって血液中のコレステロール値を下げ、動脈硬化による脳梗塞や心筋梗塞の発生を予防することが出来ます。
また、セサミンは一部のサプリメントと違い、副作用がありません。
もともとゴマに含まれる成分のため、取りすぎても体に害を与えないのも良い点の一つでしょう。

セサミンの効能は素晴らしいものがあります

セサミンとは、強力な抗酸化作用があり、活性酸素からの害を防ぐ効果がある成分です。
主にゴマに含まれています。
一粒のゴマに1パーセントしか含まれていないと言われている、ゴマリグナンという抗酸化物質の一種です。
身体の細胞の衰えや、身体のサビつきといったものの原因のひとつは活性酸素です。
活性酸素により体内で酸化が起こってしまい、過酸化脂質が増え、身体に色々な問題が起こってしまいます。
セサミンにはこの活性酸素の働きを抑える力があり、過酸化脂質の増加も抑制でき、細胞の老化を防ぐことができます。
また、悪玉コレステロールの増殖も抑える効果があります。
このおかげで動脈硬化などの予防、改善などの効能も期待することができます。
さらに肝臓でアルコールの代謝を促し、二日酔いの予防といったさまざまな効果があります。
なので、この成分は非常に人間にとって大事な成分と言えます。
興味を持った方はこの機会に是非、セサミンを摂取してみましょう。